そもそもペニスの大きさは?

ペニス増大方法の前に、ペニスの大きさについて少しみてみましょう。
男性は思春期になるとテストステロン(男性ホルモン)が分泌されて、ペニスも大きくなります。
しかし、このテストステロンの分泌が少ないと、ペニスは大きくならないことがあるようです。
ただし、それではテストステロンを増やせばペニスは大きくなるかと言うと、そうではないようです。
そこで、そもそもペニスの大きさは?になりますが、日本人では長さが平均で8cm前後、太さ(周囲)も平均で8cm前後のようです。
これは勃起していない時ですが、冬の寒い時などにはもっと小さくなります。
ペニス増大方法の目的は、ペニスを使うときに大きくなることですから、増大方法にはこの伸縮の度合いが重要になります。
そこで勃起した時のペニスの大きさですが、これはまちまちで、例えば長さが12cm前後、周囲も12cm前後から、それ以上が普通のようです。
ただし、勃起しても10cmほどにしかならないとペニスが小さいと考えて、なんとかもっと大きくしたいと思うのは切実な男性の声でしょう。
一方で、勃起した時にペニスの長さが15〜16cmになる男性がいますし、やたらと太いペニスの持ち主もいます。
しかし、ペニスは長くて太ければいいというのでもなく、勃起の時の硬さや持続時間が大切なことはいうまでもありません。

 

ペニス増大サプリの人気ランキングはコチラ!