ペニスは海綿体組織だと知ろう

人間は生まれた時から成長するにつれて身体の各部分が発達し、ホルモンが分泌されます。
その時にペニスはどうなのでしょうか?
それにはペニスは筋肉なのか、それとも骨なのかを知らなければなりませんが、ペニスは筋肉でも骨でもありません。
ペニスの正体は勃起性海綿体組織で、中には無数の静脈血管があります。
手っ取り早く言えばスポンジのようなものです。
勃起性海綿体組織のペニスは、勃起していない時には中身がスカスカですが、セックスの時に勃起すると、その中の毛細血管に血液が充満します。
ですから、勃起した時にペニスにどれほど多くの血液が行くかどうかも、ペニス増大方法の重要なポイントになります。
ただし、ペニスへの血流は流れるのではなく、海綿体組織に止まらなくてはなりません。
このとどまる時間が長いか短いかが、大きさや硬さを持続させるポイントになります。
ですから、ペニス増大方法では、いかにして血液をペニスの海綿体組織に送り込み、止めておくかが大切になります。
しかし、血液量が体内に多すぎるのも考え物で、要はセックスの時にペニスに集中させればいいのであり、そうでない時には身体に見合った血液量が望ましいのです。
これは、血圧とも関係があるようですから、低血圧の男性はペニスへ送り込む血液の勢いが弱いとも考えられます。

 

ペニス増大サプリの人気ランキングはコチラ!