ペニスへの血流と脳からの指令

精力剤を使えばペニスが大きくなるかと言うと、それは違います。
いくら精がつく食べ物や飲み物を摂ってもペニスは大きくなりません。
ペニスの海綿体組織に血液が集まるのは(血流)、脳からの指令があるからです。
例えば危ない目に遭ったり、怖い思いをすると、「縮み上がる」と言いますが、これはまさしくペニスと睾丸が縮む(収縮する)のです。
このような時には脳からセックス指令は出ません。
一方で、いわゆる「ムラムラする」女性を見ただけで、時と場所や立場には関係なく、脳は「その女性とやりたい」というセックス欲望指令をペニスに送ります。
そうなると、電車の中であろうがペニスに血液が送られて、ズボンの前が膨らむのです。
ですから、好きな女性が目の前で素っ裸、しかも両股を開いていれば、もうたまらなくなるのです。
そのような時にペニスがどれくらい長く、太くなっているかが問題ですが、ここにも別の脳からの指令がでることを覚えておきましょう。
それは、「自制心」という指令や、ほかの雑念です。
例えば、セックスの途中で、多額の借金の返済のことを思い出したりすると、途端に脳の指令はセックス信号から借金信号に変わってしまいます。
このように、ペニス増大方法では脳からの指令と言うメンタル面も大切になります。

 

ペニス増大サプリの人気ランキングはコチラ!