手術でペニスを増大させる

 

太り過ぎると今までのペニスが小さく見えるようになりますし、体質としてペニスが短いような時に使われるのが埋没陰茎固定手術です。
普段のペニスと勃起した時のペニスの大きさにかなりの差がある男性に、埋没陰茎があるようです。
このようなペニスを増大させる手術とは、まさにペニスにメスを入れるのですが、専門医でないと手術は難しいようです。
手術の手順を簡単に言いますと、まずペニスの根本近くを横にメスを入れます。
そして、ペニスと根元の恥骨がくっついている靭帯をゆるめながらペニスを引き出します。
ペニスが引き出されたところで、靭帯を固定して手術糸で縫い、これで手術は終わりです。
何だか簡単なように思えますが、この手術はよほど熟練した医師でないとできないようです。
なお、この手術でペニスがどのくらい長くなるかは人にもよりますが、最低でも2pは長くなりますし、5pほど長くなることもあるようです。
もちろんデリケートなペニスにメスが入れられていますから、手術のあとのアルコールは控えなくてはなりませんし、セックスもキズ口が完全に回復してからです。
もちろんペニスが意に反して勝手に勃起するような環境は避けなければなりませんから、注意が必要です。
ただし、完治すれば5pもペニスが大きくなったのですから、新しいセックスライフが楽しめるでしょう。

 

ペニス増大サプリの人気ランキングはコチラ!