冷やして温めるペニス増大法

ペニス増大方法で昔からよく言われているのが冷温法で、これはペニスの海綿体組織の伸縮性を活性化させるものです。
ペニスは温かいと膨張しますが、冷たいと縮みます。
この膨張と縮みを交互に繰り返すことで、ペニスの海綿体組織を増やすのですが、早速やってみましょう。
まずは温かいお湯(火傷をするような温度ではなく)にタオルを入れて、絞ります。
この温かい(40度くらい)タオルをペニスに巻き付けます。
そうするとペニスはそれなりに膨張(勃起)してきます。
そこで冷たい水を洗面器に用意しておいて、別のタオルを冷水につけて絞り、そのタオルをペニスに巻き付けます。
今度はペニスが縮んできますから、またお湯の温かいタオルをペニスに巻き付けます。
このように、温、冷を交互に繰り返すことでペニスの海綿体組織が膨らんだり、縮んだりしますから、最終的にペニスが長く、太くなります。
これも時々やったのでは効果が出ませんから、風呂へ入る時にはいつも実行しましょう。
これは一種のペニス鍛練法ですが、つけ刃の鍛練法では筋肉が付かないのと同じで、毎日の積み重ねが必要です。
なお、シャワーのお湯と冷水を交互にかけるという方法もありますが、タオルのほうが良さそうです。

 

ペニス増大サプリの人気ランキングはコチラ!