アクリル樹脂とデキストランをペニスに注入

ペニスを常に大きくしたい。そして使う時にはさらに逞しくしたい。
そのような願望をかなえるのが、いわばアクリル樹脂をペニスに入れる方法です。
アクリル樹脂と一口で言ってもさまざまですから、アクリル樹脂であれば何でもいいということではありません。
まずデキストランは糖類に属し、ある程度年月が経過すると自然に体内に吸収されてしまいます。
ところがアクリル樹脂の一種であるPMMA(ポリメタクリル酸メチル樹脂)は、いったんペニス内に入ると、そのままの状態を保ちます。
この方法は、特定の病院でしか施術しないようですが、ペニスを長く、太くして、それをずっと保てるペニス増大法のようです。
もし、銭湯やサウナで立派なペニスの持ち主がいたら、聞いてみたくなりますが、うっかり聞くと、とんでもないことになりそうで、それこそペニスが縮み上がってしまいそうです。
このような半永久的にペニスを増大する方法は、ほかにもあるようですが、いわば女性の豊胸と似たようなものと思えばいいでしょう。
つまり、PMMAを入れたペニスは長くて太いだけではなく、張りがでてくるのです。
ただし、特殊な施術になりますから、費用のほうは分かりかねます。
興味がおありの男性は、インターネットなどで調べてみてください。

 

ペニス増大サプリの人気ランキングはコチラ!