輪ゴムでペニスを大きくする

ペニスは海綿体組織で、中には静脈(毛細血管)が集まっていますから、理論上ではこの毛細血管にたくさんの血液を送ればペニスは大きくなります。
そこで、極めて簡単で安上がりなのがゴム輪を使う方法です。
ただし、これはセックスの時にだけペニスを大きくする方法ですから、間違えないでください。
この方法で使うゴムは細いものではNGですし、幅が広すぎてもダメです。
100円ショップなどで売っている幅が5ミリ程度のゴムひもを用意します。
次に、自分のペニスを勃起状態にして付け根の太さを計りましょう。
そして、ゴムひもでその半分程度の輪ゴムを作ります。
準備はこれだけですが、試に勃起しているペニスの根元にこの輪ゴムをはめてみてください。
痛すぎるようなら、輪ゴムを少し大き目にしますが、大きすぎると何の効果もありません。
要は、勃起した状態でのペニスにある血液をペニスの根元でコントロールするのですが、これでもペニスはかなり大きくなりますから、実戦で試されたらいいでしょう。
そして、この方法で使う輪ゴムのゴムが細いとか締めすぎると、今度は血流が完全に止まってしまう恐れがあるのでNGですから注意してください。
下手をするとセックスの快感もなくなってしまいますよ。

 

ペニス増大サプリの人気ランキングはコチラ!