ペニスにまつわる話あれこれ記事一覧

外国人(主に白人や黒人)のペニスは大きいと言われますが、実際のセックスではやや問題があるようです。確かに長さは20p以上ありますし、太さもまずまずのドイツ人男性がいました。中年の彼は年下の奥さんがいましたが、子どもはいません。そして、この奥さんの不満は亭主のペニスがまるで役に立たないことで、どういう...

ペニスは医学的に言えば海綿体組織で、そこにたくさんの静脈があり、勃起するのはその静脈に血液が集まるからです。そして、睾丸の精嚢から精子が出るようになっています。一方のオンナの側は、膣(俗にオ○○コ)の奥に子宮の入り口があり、子宮には卵巣から卵子が出てきます。この精子と卵子が結合して妊娠しますが、この...

その男性は、いい年齢になるまでほとんどセックスの経験がなかったようです。ですから、自分のペニスがほかの男性よりも小さいのか、大きいのか、同じくらいなのかが分からなかったのです。最近、心から好きあった女性とはじめて一夜を共にしました。ベッドでその男性は、相手のオンナが自分のペニスをどのように受け入れて...

ドイツでのことですが、単身赴任の日本人男性はうっかりオンナと寝ると変な病気を移されるからと、仕方なくマスターベーションで溜まったものを処理していました。ある夜、近くのビアホールでひとりのオンナと知り合って、英語でいろいろと話をしていましたら、住んでいるのが同じアパートメントなのが分かりました。そして...

ペニスの亀頭以外は皮膚に覆われていますが、この皮膚は身体のほかの部分の皮膚と同じようなもので、ペニスの海綿体組織を外部から守っています。しかし、違うのはセックスの時に性感を増やすために比較的薄い皮膚になっていることです。そうでしょう、もしペニスの皮膚が腕や足の皮膚のようでは、オ○○コでしごいてもあま...

ブラジルでの実話ですが、ある若いブラジル人男性はミュージシャンで、ドラムを叩いていました。音楽の話はともかくとして、この男性の悩みは彼のペニスがかなり長くて太いことでした。聞いたところでは、長さは30p以上とのことです。キャバレーで、バンドの仕事が終わり、客も従業員もいなくなったある夜中に、この男性...

有名な男性、それも英雄と言われた男性のペニスはどのようなものだったのか。このテーマはいささか気になります。以前、何かで読んだ話ですが、それはフランスの英雄、皇帝ナポレオンについてです。多分、ナポレオンのペニスは立派なものだったと思いますが、英雄は色を好むというのは東西を問いません。皇帝ナポレオンにし...

ペニスの大きさで悩む男性は世界中で共通のテーマのようです。この話は、去る東南アジアの国で実際にあったので、新聞で報道され、その国の政府までが、注意を呼びかけたとのことです。話は簡単なのですが、男性なら一応は知っておいたほうがいいようです。すなわち、ある男性(年齢不詳)は、どうも日頃から自分のペニスの...

このタイトルの言葉をご存知の男性は多いと思いますが、ブラジルでの話です。ここでの話は、日系二世男性についてですが、とにかくセックスが好きでたまらない好き者でした。それは、自分のペニスに自信もあり、スタミナについても強いと自負していたからです。この日系二世は都会に住んでいましたが、ある事情で地方を旅行...