柔らかいペニスは役立たない

外国人(主に白人や黒人)のペニスは大きいと言われますが、実際のセックスではやや問題があるようです。
確かに長さは20p以上ありますし、太さもまずまずのドイツ人男性がいました。
中年の彼は年下の奥さんがいましたが、子どもはいません。
そして、この奥さんの不満は亭主のペニスがまるで役に立たないことで、どういうことかと言いますと、セックスの時にペニスがぐにゃぐにゃなのです。
つまり、挿入はなんとかできるのですが、そのあとが奥さんには感じられないのです。
インポテンツではありませんが、どういうわけかペニスが硬くならないのです。
そうするとピストン運動をしようとしてもすんなりとはいかないようです。
欧米にはこのような悩みを持っている男性がかなりいるようで、つまり大男総身に血液が回りかね、らしいのです。
すなわち、ペニスに集中させなければならない血液が足りないので、ペニスが硬くならないのです。
そこで、日本から持っていった仁丹を思いつきました。
仁丹をかみ砕いて、それを亀頭からペニスに塗りますと、ハッカのようなものなので、膣内が感じやすくなります。
そこで、この仁丹を試してみてはと言ったのですが、次の日の朝、そのドイツ人は、あれはいい、おかげでワイフは喜び、わたしのも少し硬くなった。もっとあの薬をくれないか、と手を出しました。
仁丹をお試しあれ。

 

ペニス増大サプリの人気ランキングはコチラ!